ぼくが「うつ」から旅立つ日

辛く苦しいうつ病を克服し、健康・幸福・豊かな人生を送る秘訣をお伝えします。

うつ病の自分が朝一番に出来ること

f:id:jibuari:20170715204054p:plain

おはようございます。

今日の目覚めは・・・

 

眠い。

 

とはいっても、投薬のせいでしょう。

気分が悪いわけではないので

多分そうなのでしょう。

 

朝、起きると

「だる~~~い」

ってなりますか?

 

でも、それってうつ病の人でなくても

なりますよ。

 

健康な人だってなること。

 

特に

朝から憂鬱な会議があるとか、

午前中に仕事の件で取引先に謝罪しに行かないといけない、

今日もまたあの嫌な上司と同じ部屋で時を過ごさないといけない、

顔も見たくないアイツの顔を見ないといけない、

・・・

なんと健常者の朝が辛いことか。

 

ひょっとすると、

うつ病で療養生活をされている人にとっては

そんな苦痛なことを考える必要はないだけ楽ですよね。

 

一番大変なのは、

うつ病なのに無理をして仕事をされている方

うつ病と気が付かずに自分に鞭打って辛い日々を過ごされている方

・・・

 

最も不幸なのは

うつ病の辛さと競争社会の辛さを両方味わている方

許せるのなら、休養されたほうがいいのでは?

 

朝起きたら、まずは今の自分にとって

「今日一日がいい気分で過ごせるには何が出来るだろう?」

と思いはせてみてはいかがでしょうか。

 

『あと10分寝ていたい・・・』

ならそうしましょう。

 

『今日は頑張って朝起きてみようかな・・・』

ならそうしましょう。

 

『今日は思い切って!あと1時間寝てよっと。』

ならそうしましょう。

 

自分が今日一日いい気分でいられるために今できることを考えてみること。

 

もし10分寝ていたくて、

10分過ぎたとしたら?

 

その時にまた

「それじゃあ、その時の自分にとっていい気分になること」

を想い馳せる。

 

何時でも、どこでも、

「今、自分にとっていい気分でいられることってなんだろう?」

と考えて、それをやってみる。

 

それを繰り返していけば、

とっても満足する一日を過ごせるはず。

 

どうか今日一日が、皆様にとっていい気分でいられますように。