ぼくが「うつ」から旅立つ日

辛く苦しいうつ病を克服し、健康・幸福・豊かな人生を送る秘訣をお伝えします。

うつ病って、ほかの誰よりも親身になってくれてるんだよ

f:id:jibuari:20170806222237p:plain

当たり前だが、病気は嫌われる。
ただ嫌われる。
理由もなく嫌われる。

でも本当は「いいヤツ」なんだ。

なぜなら、病気になるから
これまでの不摂生に気づかせてくれたり、
注意が散漫だったことに気づかせてくれる。

しかも、そんな有難いことをしてくれたのに
いつの間にか姿を消している。
それでは「ありがとう」とお礼をいう間がない。

-・-・-・-・-・-

うつ病に初めてであったのは十年以上前のことだった。
勤務中、膝から崩れ落ちるように床に倒れた。
過労とストレスからくるものだった。

バーンアウトした。

それまで信頼してきたものがすべて崩壊した。
自分の中の大切だったものがことごとく崩壊した。
以来、人間不信になり、やる気は失せた。

うつ病になった。

うつ病ってヤツは本当にイヤな奴だ。
淡々と人のことを苦しめ、辛さを味合わせる。

長い間、しかも淡々と。

「おいうつ病!いい加減止めてくれ」

という要求は一切許されない。

-・-・-・-・-・-

でも、その裏には人間思いなところもある。

ヤツは「生きることの大切さ」を教えてくれた。
自分自身で死を選択するということの重大さを教えてくれた。

ヤツはこれまでの生き方を省みることを教えてくれた。
それまの人生は競争主義だった。
「競争社会の中で、いかに相手よりも優位にたって、
少しでも成果をアピールするか」だけの人生だった。

-・-・-・-・-・-

思い返せば幼少時代からそうだった。
試験の点数が高いだの低いだの、通信簿の評価が5だの4だの。

今日までやってきたことは「とにかく人よりも勝つこと」だった。
自分の人生を振り返るとなんてこれっぽっちもなかった。

ヤツはだた淡々と苦しめ辛い日々を過ごさせる。
でもその時を過ごしていく中で、
徐々に自分を省みさせてくれる機会を与えてくれる。

特に、理を諭すわけでもなく、反省を促すでもない。

でもこれまでの人生で、
これほど自分の人生と
真剣に向き合わせてくれた人はいなかった。

-・-・-・-・-・-

「人生の指針」を教えてくれたのは誰か考えたことはあるだろうか?

それは結局自分自身がつかみ取るものだということを
うつ病ってヤツが教えてくれた。

お蔭で、以前のイライラして過ごしていた頃とはちがって
こころの波は大分穏やかになってきた。

人様に「ありがとうございます」の言葉を
素直に口にする事ができるようになってきた。

-・-・-・-・-・-

たまにヤツがやってくることはある。
淡々と苦しめてくる。
だけども、昔のように「辛い、苦しい」とは感じなくなった。
ただ「そんなもんなんだ」とだけ感じるようになった。
受け流し方を学んだのかもしれないな。

こころの波も波立つことも少なくなった。
人様と穏やかに会話することもできるようになった。

うつ病になっていなければ、ヤツには会うことはなかった。

うつ病のおかげで、ヤツは人生の生き方を教えてくれた。
勿論、探したのは自分だし、つかみ取ったのも自分だ。
でも、それを陰から支えてくれたのはヤツだ。

調子づくことのないよう肝に銘じつつ、
楽しく、こころ穏やかな日々を過ごしていきたいと思う。